荒木飛呂彦 東大文学部の教壇に立つ!! この秋、荒木先生が東大文学部と
集英社の共催による公開講座「ことばを読む ひとを知る」に登壇します。

July 22,2013

「ことば」を中心とした研究・教育において125年の伝統を有する東大文学部と、
集英社の共催により、公開講座「ことばを読む ひとを知る」を開講します。
この公開講座は東京大学本郷キャンパスにて「歴史」「文学」「思想」「芸術」など
それぞれの研究分野の最前線を牽引する東大文学部教員・名誉教授が
長年の研究成果をわかりやすく、開かれた形で解説するものです。

そこに荒木先生が特別招待講師として登壇します。


■会場:東京大学 本郷キャンパス

コーディネーター:柴田元幸(アメリカ文学・現代文芸論)、渡部泰明(国文学)

講義演題 ※講義は各回とも14:00~15:40

第1回 9/29(日) 安藤宏「太宰治と志賀直哉 ―小説の「文体」を考える」
第2回 10/5(土) 吉澤誠一郎「中国ナショナリズムの起源」
第3回 10/20(日) 古井戸秀夫「黙阿弥『三人吉三』を読む」
第4回 11/2(土) 特別招待講師・荒木飛呂彦氏「漫画のセリフについて」
第5回 11/16(土) 平石貴樹「日系アメリカ作家トシオ・モリの世界」
第6回 12/7(土) 多田一臣「『万葉集』のことばの世界」
第7回 12/21(土) 設樂博己「縄文人と私たち」
第8回 1/11(土) 野崎歓「フランス映画と愛(アムール)」
第9回 2/1(土) 特別招待講師・川上未映子氏「人が人に物語ることについて」
第10回 2/15(土) 逸身喜一郎「カッサンドラー ―未来が見えるのに誰にも理解されない女」
第11回 3/1(土) 河野元昭「誤読?」
第12回 3/15(土) 加藤陽子「日本近代史から考える憲法問題」

注意事項
●受講資格は高校生以上とさせていただきます。
●本講座は定員150名、全12回の一括登録制です(登録料・受講料ともに無料)。
●全12回の講義にご出席いただくことを原則とします。
●特定の講師だけを聴講する「選択受講」はできません

応募について
●応募期間は7/21~8/15
●応募方法はこちらからご確認ください→http://blog.shueisha.co.jp/event/index.php?ID=188